HOME > ドライブ情報 > 故きをたずねて新しき文化に触れる旅 小諸市~南相木村

ドライブ情報

故きをたずねて新しき文化に触れる旅 小諸市~南相木村

2017.09.13 (水)

故きをたずねて新しき文化に触れる旅 小諸市~南相木村

昨年夏に公開され大ヒットした映画「君の名は。」の熱はまだまだ続いています。この作品の監督は新海誠氏で小海町の出身です。新海監督ゆかりの東信佐久地域、小諸市から南相木村をめぐります。
地域の大切な歴史文化、それを背景に新しく生まれたアニメ作品やら~めん、壮大なロックフィルダム。
故きをたずねて新しき文化に触れる乙な旅です。

小諸市 小諸城址懐古園の紅葉

提供:信州・長野県観光協会

小諸は数々の著名人のゆかりの地で、永六輔氏もそのひとりです。「上を向いて歩こう」は疎開時代の懐古園での想い出から作られたといいます。小諸城大手門は大改修で堂々たる姿を構え、懐古園には明治の文豪・島崎藤村記念館や浅間山で知られる小山敬三美術館などの施設がもみじ、かえで、さくらの紅葉ともに楽しめます。
また、小諸は数年前に放送されたアニメ「あの夏で待っている」の舞台で、所々でパネル紹介されています。

佐久市 安養寺らーめん

提供:信州・長野県観光協会

佐久平駅からおよそ10キロ圏内で国道141号線を中心に、「安養寺ら~めん」とういう佐久のご当地ラーメンを扱ったお店が十数店舗あります。安養寺は鎌倉時代の僧「覚心」の遺志で開かれたお寺です。覚心は中国から学んだ味噌作りを各地に広め、安養寺は信州味噌発祥の地として知られています。
お店によって個性は異なりますが、安養寺味噌を使い、たっぷりの具がのせられてあり、食べ応え十分です。

小海町 小海美術館

提供:信州・長野県観光協会

小海町は長編アニメーション映画「君の名は。」の監督、新海誠氏の出身地です。小海美術館では秋に新海誠展「ほしのこえ」から「君の名は。」まで、が開かれます。みずみずしい登場人物や背景の光と影のコントラスト、そして風さえも感じさせる独特の新海ワールドにまた会えます。また、県内で2007年から放送された信濃毎日新聞のCM風景の面影や小海線ハイブリッド電車に小海町のそちこちで出会えます。

南相木村 南相木ダム

提供:信州・長野県観光協会

岩石や土砂を積み上げて建設する型式のロックフィルダムで、大規模なダムとしては日本一標高の高いダムです。高さ136m、幅444mに白い石が積み上げられてそびえ立つ姿は美しく壮大です。また、ウズマク広場のウズ・ナガレ・ラセンに石を配したデザインも見どころです。ダムの周辺は遊歩道が整備されており、秋の紅葉を楽しみながら散策できます。

ドライブルート

  • 小諸城址懐古園
  • ↓(約7.8km)
  • 佐久市
  • ↓(約31.3km)
  • 小海美術館
  • ↓(約28.2km)
  • 南相木ダム
  • 走行距離:約67.3km

ドライブルート詳細