HOME > ドライブ情報 > 春色きらめく南信州

ドライブ情報

春色きらめく南信州

2018.03.27 (火)

春色きらめく南信州

お城の公園一面を色彩豊かに覆うツツジ。古くから日本人に親しまれている淡い紫色の藤。赤、白、桃色で桃源郷を彩る花桃。
山々には青々とした若葉が芽吹き、穏やかな季節のやわらかな日差しの中でやさしい色につつまれる南信州の春です。

松川町 台城公園(大島城址)

台城公園(大島城址)

提供:信州・長野県観光協会

平安末期に大島氏が領し、戦国時代に武田氏が築造しました。現在は公園として改修されており、公園の二の丸では5000株程、赤・白・紫・オレンジ色のキリシマツツジが、本丸では白・紫・ピンクの藤が咲きます。頭上には多種多様、色とりどりの鯉のぼり並んで泳ぎ、公園を他角度的に華やかにしています。公園の眼下には天竜川が流れる様子を一望できます。5月のゴールデンウィーク中には「台城つつじまつり」が盛大に行われ賑わいます。

喬木村 阿島の大藤

提供:信州・長野県観光協会

棚から垂れた花が2m近い大藤が敷地内に植えられており、古い樹は樹齢400年にもなります。珍しい樹もあり、「曙藤」は蕾の時はとき色で次第に淡い桃色となり、そして白に戻ります。「黒竜藤」は濃い紫で、八重咲きの藤です。原種の山藤は樹齢三百年余になります。藤は不二の美しさと不死の生命力から古より大事にされ、多くの和歌にも用いられました。風にゆられて漂う藤の香りに、一句詠んでみてはいかがでしょうか。

阿智村 花桃・月川温泉・昼神温泉郷

提供:信州・長野県観光協会

4月中旬頃から5月上旬頃、花桃が開花して周辺一帯の景色が春色に染まると、花桃まつりが開催されます。赤、白、ピンクの3色の花桃がつつむこの道は「はなもも街道」といわれ、あたかも桃源郷のようです。また、夜間、一部でライトアップがなされて、星空とのコラボレーションがファンタスティックです。昼神温泉と月川温泉も合わせて心身ともに癒されます。

ドライブルート

  • 台城公園(大島城址)
  • ↓(約9.6km)
  • 阿島の大藤
  • ↓(約22.1km)
  • 花桃・月川温泉・昼神温泉郷
  • 走行距離:約31.7km

ドライブルート詳細