HOME > ドライブ情報

ドライブ情報

「ガク都」松本の秋

2018.09.14 (金)

「ガク都」松本の秋 2020年東京五輪・パラリンピック開閉式演出のプランニングチームメンバーに松本市出身の山崎貴監督が選ばれました。
「ALWAYS 三丁目の夕日」や「STAND BY ME ドラえもん」などで知られるCG映画の巨匠です。
山崎貴監督ゆかりの地であり、数々の映画やドラマ作品のロケ地でもある「ガク都」松本の秋をご紹介します。

縄文文化栄えた茅野周辺地域

2018.06.12 (火)

縄文文化栄えた茅野周辺地域 「星降る中部高地の縄文世界」が日本遺産に認定されました。縄文時代、茅野市周辺は人口密集地域であったため、多くの縄文遺物が発掘されています。
夏のきらびやかな花々、葉陰続く一本道、新たな聖地となった峠。コントラストが映える夏、めぐりあう景色を思わず切り取ってしまいたくなります。

春色きらめく南信州

2018.03.27 (火)

春色きらめく南信州 お城の公園一面を色彩豊かに覆うツツジ。古くから日本人に親しまれている淡い紫色の藤。赤、白、桃色で桃源郷を彩る花桃。
山々には青々とした若葉が芽吹き、穏やかな季節のやわらかな日差しの中でやさしい色につつまれる南信州の春です。

平昌冬季五輪目前!今再び長野冬季五輪の感動を振り返る旅

2017.12.11 (月)

平昌冬季五輪目前!今再び長野冬季五輪の感動を振り返る旅 2018年2月9日に平昌冬季五輪が開幕します。現時点では出場が内定されている選手は少ないですが、日本人選手の活躍が期待されます。
SC軽井沢クラブは1998年長野冬季五輪以来20年ぶりの五輪出場を決めました。茅野市出身の小平奈緒選手、白馬村出身の渡部暁斗選手の活躍にも心が踊らされます。
20年前ー。長野冬季五輪の感動を振り返りつつ、現在活躍中の日本代表選手を取り上げます。

故きをたずねて新しき文化に触れる旅 小諸市~南相木村

2017.09.13 (水)

故きをたずねて新しき文化に触れる旅 小諸市~南相木村 昨年夏に公開され大ヒットした映画「君の名は。」の熱はまだまだ続いています。この作品の監督は新海誠氏で小海町の出身です。新海監督ゆかりの東信佐久地域、小諸市から南相木村をめぐります。
地域の大切な歴史文化、それを背景に新しく生まれたアニメ作品やら~めん、壮大なロックフィルダム。故きをたずねて新しき文化に触れる乙な旅です。

信州・天竜川どんぶり街道

2017.06.12 (月)

信州・天竜川どんぶり街道 信州中部から南部にかけての天竜川流域の国道153号線沿いを「信州・天竜川どんぶり街道」と呼びます。各地域の特徴を織りなしたご当地どんぶりがあるのです。
みそ天丼、うな丼、ほたる丼、さくら丼、ソースかつ丼、ごぼどん丼、アルプスサーモン丼・・・などがあります。
ご当地の観光とあわせて、どんぶりで真夏の暑さに負けじと英気を養い、体調管理も万全に。

安曇野アートライン 安曇野~白馬

2017.03.10 (金)

安曇野アートライン 安曇野~白馬 春を迎えてもなお、山頂には雪を蓄える北アルプス。その麓を安曇野市から白馬村へと向うコースは爽快です。
豊かな水流、そして水のはった田園には逆さになった北アルプスが映りこみます。この光景はごく限られた季節にしか、見ることができません。
この区間は安曇野アートラインと呼ばれ、19もの美術館・博物館が並びます。大自然のなす芸術の中に美術館が点在します。

伝統や文化にふれあう 中山道 木曽路

2016.12.07 (水)

伝統や文化にふれあう 中山道 木曽路 中山道は江戸時代の五街道の一つで、江戸の日本橋と京都の三条大橋を内陸経由で結ぶ街道です。そんな中山道の「木曽路」の宿場町を紹介します。
各宿場町では冬季になるとアイスキャンドルを灯すイベントが行われます。開催期間は異なりますが、それぞれ趣向が異なり通りを賑わせます。
江戸情緒そのままの街道には宿場町の特産品があり、伝統や文化にふれあう事ができます。

紅葉と文化をめぐるドライブ

2016.09.13 (火)

紅葉と文化をめぐるドライブ 信州には紅葉を楽しめる行楽地が街の中でも外でもたくさんあります。紅葉の中に街があるともいえます。
山深い景色につつまれて、色彩豊かな木々の間に歩をすすめ、立ち止まっては文化や芸術にひたる。雅な秋を嗜むのはいかがでしょうか。

ビーナスライン 諏訪湖~霧ヶ峰・美ヶ原

2016.06.06 (月)

ビーナスライン 諏訪湖~霧ヶ峰・美ヶ原 諏訪湖から霧ヶ峰、美ヶ原へと通ずるビーナスラインは車のCMに流れ出る景色そのものです。車窓からは見渡す限りの草原が広がり、それ以外に空を遮るものがありません。周辺は遊歩道が整備され、トレッキングを楽しめます。初夏から秋にかけてコバイケイソウ、レンゲツツジ、ニッコウキスゲ、ヤナギラン、など多くの高山植物が入れ替わり咲き広がります。