HOME > マイカーメンテナンス情報 > 日常点検 > エンジンルームを覗いての点検 (ウィンド・ウォッシャ液の量のチェック/ブレーキ液の量のチェック/ バッテリ液の量のチェック/冷却水の量のチェック )

マイカーメンテナンス情報

ユーザー自身が出来る日常点検やトラブル対処法などをご紹介します。

エンジンルームを覗いての点検 (ウィンド・ウォッシャ液の量のチェック/ブレーキ液の量のチェック/ バッテリ液の量のチェック/冷却水の量のチェック )

■ウィンド・ウォッシャ液の量のチェック

mente1.jpgウィンド・ウォッシャ液の量が適当かを点検します。

●ウォッシャ液がからの状態でウォッシャ・スウィッチを入れると、モーターが破損することがあります。












■ブレーキ液の量のチェック


mente2.jpgブレーキ・リザーバ・タンク内の液量が規定の範囲(MAXとMINの間)にあるかを点検します。

●ブレーキ液の減り具合が著しいときは、ブレーキ系統の液漏れが考えられます。整備事業場へ依頼して原因をつきとめましょう。










バッテリ液の量のチェック


mente3.jpgバッテリの液量が規定の範囲
(UPPERとLOWERの間)にあるかを車両を揺らすなどして点検します。


●バッテリ液は腐食性が強いので、体、衣服、車体などに付着しないように注意しましょう。









冷却水の量のチェック


mente4.jpgラジエータ・リザーバ・タンク内の冷却水の量が規定の範囲(FULLとLOWの間)にあるかを点検します。

●冷却水の量が著しく減少しているときは、ラジエータ、ラジエータ・ホースなどからの水漏れのおそれがあります。